絵を描くことの意義

画家はボケずに長生きする?(脳を鍛える脳力トレーニングより抜粋)
絵を描く人はボケないとか長寿だとか、よく言われます。なぜでしょうか?プロの画家でなくても、絵を描くという行為は左右大脳半球にまたがって多くの部位がつかわれます。さらに脳の司令塔といわれる前頭葉の血流量が増えて活性化します。そのため、アマプロを問わず絵を描く人はボケにくいということができます。

絵を描くことの意義絵を描くということは、自分以外の何かに意識を集中させるということです。
じっくり対称を観察し、画用紙にそれを写し取る。その際、単に写すのではなく、自分の脳の中で立体が平面として再構成されます。
しかもそれは写真のように機械的に平面化するのではなく、意識するしないにかかわりなく、自分の感じたことや対象に対する思い入れがそこに表現されます。
まるで、自分自身が目の前の静物や風景となって甦っていくような、そんな感覚さえ覚えるかもしれません。

絵を描いているひと時は、まるで高僧が座禅を組んでいるがごとく無我の境地になり、時間が緩やかに流れます。この精神状態が脳や心に良いのです。ほとんどの病気はストレスと密接に関係しますが、絵を描くということは、自分以外の何かに意識を集中させるということです。

絵を描くことはそのストレスを解消ないし軽減し、免疫力を高めます。
水彩画を描いてみたいけど、もう長いこと描いてないから自信がない。デッサンや構図などの基本ができていないので大丈夫かなあ

そう思って、水彩画を始めるのをためらっている方は多いようです。でも、子供時代の無心に画用紙に向かっていたあの充実感を思い起こしてください。まずは何物にも代えがたい貴重な時間を取り戻すことが大切で、技術は描いているうちについてきます。水彩は画材を揃えるのも安価で簡単。誰でも子供の頃に親しんでいますから敷居も低く、気軽に楽しめます。

絵を始めるなら当サイトはまず透明水彩をお奨めします
透明絵の具は一度塗ったところに別の色を塗ると、下の色が透けて見えます。下書きの鉛筆などの線もいかされて、より味わい深くなるわけです。また、白はあまり使わず、画用紙の地の白さを活かすよう心掛けます。

透明水彩は味わい深い反面、不透明水彩にはない難しさはあるわけですが、終わりのない奥深さがいつまでも楽しめるのが魅力ともいえるわけです。小学生の頃に画用紙をべったり塗りこんだ絵とは異なる、洒落た大人の絵を楽しんでください。