事務局ブログ

事務局のプログです。

ブログ一覧

2019年12月28日~1月6日の熊野古道、浜街道の旅

12月28日5時家を出る。快晴。青春切符18での旅、
紀伊長島駅15時到着。海岸線に沿って古里に向かう。漁村を通り神社で水を補給し峠に向かう林道で猿三匹に出会う。5時で暗くなるので給水設備の前の平な場所にテント設営する。 29日快晴。 4時起。コーヒー、インスタントラーメンで朝食を取り未だ薄暗いなかを6時40分出発。峠からの古里の町と海の景色が素晴らしい。峠を下ると直ぐに古里の集落。海岸までいって船と海を撮る。2kmほど歩くと小高い公園があり島々がよく見える。10時10分に始神峠に向かう。始神峠の景色が有名かつ素晴らしいので40分掛けてスケッチする。入り組んだ湾で山並みと海がまるで箱庭のように美しい。ここの展望は昔から有名な景勝地となっている。ここでスケッチをしていると、団体ツアーの人々があがって来たので早々に山を下る。2時間ほど進むと駅がありバックパッカーの青年が地図を見ていた。彼も長島駅からきたという。今夜は道の駅にキャンプ予定だそうだ。今夜から雨のようだし私は道の駅は初めてなので便乗しよいかと思う。5時過ぎに道の駅に到着。彼は来ていた。彼は広島から来ているそうだ。2年前から四国お遍路や熊野古道をまわっているとの事だ。何か辛い事があったらしいがそれが良い切っ掛けになったのだろう。般若心経を諳んじられるそうだ。道の駅のテント泊は場所にもよるがここはトイレも閉まらない。ちょっと車の音がうるさいのは仕方ないか。今日は足が痛かった。

12月30日6時30分道の駅海山を出る。雨。昨日の青年は4時半に出ていった。私は此れから馬越峠に向かい尾鷲駅まで八キロの行程だ。雨具を着て馬越峠に向かう。大きな石畳の道だ。雨で滑りやすい。特に下りは危険だ。ワラジならばすべらないのか?その後、尾鷲市のビジネスホテル14時着。着替えた下着を洗濯し、バッテリーの充電をした。

31日快晴。7時半尾鷲湾方面に向かい熊野古道八鬼山を目指す。途中、尾鷲湾の海岸線で鳥居がある小島が美しいのでスケッチをする。地元民は弁財さんと呼んでいる。9時半登山を始める660メートルの山越えで結構な行程だ。ヤキヤマ山頂に13時半に着く。手前に山中にしては立派な神社が新築されていた。頂上過ぎた場所に開けた展望台がありの九鬼の漁村が見える。1時間ほど下ると川と並行して登山口があり、平らで開けていてキャンプするのには絶好の場所があった。未だ4時なので少し待っていると青年が一人下りて来た。17時テント設営する。もうこの時間なら人は通らないだろう。

1月1日 7時テント撤収し出発。すぐに三木里集落に入る。近くの神社から笛太鼓の音が聞こえ正月を感じさせる。小さな入り江になっていて砂浜も美しい。ちいさな峠を越え賀田に着く。また峠を越え二木島に着く。11時、二木島湾で漁船が係留してある所でスケッチをする。またチョットした峠を超えて新鹿に着く。ここからまた熊野古道に入るのだが中々入り口が見つからない。新鹿駅の近くを行ったり来たりしていると車の影に隠れて矢印が見えた。家々の隙間の狭い入り口だった。既に16時をまわっている。峠まで行けばテントは張れると信じ、必死に石段を登った。17時ようやく峠に到着し、ヘッドランプでテント設営を果たす。

2日7時出発。8時。波田須に下りた。朝の海岸線砂浜は美しい。此れから大泊まで峠越えだ。途中から壮年男性と道ずれになりルートを間違えず大いに助かった。大吹峠10時40着。ここで彼と別れたが彼は今日中に大社に行く予定だそうだ30km。途中波田須の海岸線集落がとても美しかった。11時に大泊着。鬼が城に向かう。12時到着。朝から飴しか口にしていないので早速入り口にある売店でマクロ丼を注文し横のベンチで食べ始めると店?の猫が寄ってきてマクロをねだる。やらないわけにはいかない。巧く出来ている。鬼が城は風や波により奇岩の海岸で造型豊かなのでお奨めです。海がきれいなのでここで一枚スケッチ。河、海共に水は澄んでいて美しい。南海だけかと思ったエメラルドグリーンの海は日本にもあった。岩を抜けると熊野市だ。3日間、店は一軒もなかったので食料は底をついている。コンビニでパンやラーメンなどを仕入れた。あとは水をどこかで補給せねばならない。神宮大社に向かう浜街道を行くと神社があっのでミカンを買い水補給した。コンクリート5メートルの堤防が何処までも続きその上を歩く。ジョギングや散歩の人が行き交う。今夜は堤の防上でキャンプだ。

3日5時起床6時半撤収し出発する。まだ薄暗いが釣り人は暗いうちからはじめている。堤防上を歩き始める。朝焼けが始まった。美しい。途中波間を歩き、釣り人の釣り果を見たが60センチのわらさもあった。トンビが複数舞っているが人から食べ物をもらった経験がないようでパンを投げても理解出来ないで食べにこない。鴨も同様だ。途中道の駅(海亀ハウス)に寄ってポンカンを買う。海亀も触れた。海岸を離れて新宮へ。2時間かけて熊野速玉大社に着く。14時。お参りをしてから新宮駅で列車に乗り紀伊田辺に向かう。途中、海岸線を走るので次回の熊野古道の下見になった。大いに期待が持てるルートだ。紀伊田辺でホテルに泊まり洗濯とバッテリー充電をおこなった。

4日。昨日速玉大社から紀伊田辺に来たが、海岸線を列車は通るので美しかった。しかしながら津波が来たらひとたまりもないとも心配する。今日は 7時10分発和歌山行きにのった。和歌山駅に着く。寒い。こんなにも温度差があるとは思わなかった。和歌山港から徳島港へ二時間の船旅だ。立派なフェリーだ。2200円。此方は暖かい。港からバスに乗り駅へ。14時着。2時間の待ち時間があるので近くの徳島城跡海抜61メートルに行く。360度見渡せるが木が邪魔をしている。残念。徳島から高松に向かう高松手前の栗林駅に降りて栗林公園近くのハイキングコースに向かう。1000mほどの短いルートで道幅は広くて整備されているのでコース内でテント泊をする。

5日。5時半起床6時半出発。隣接している栗林公園410円見学すること二時間。
高松、瀬戸大橋、岡山をえて尾道へ。尾道11時。2時間ほど観光ルートを廻り港でスケッチを1時間する。14時10分岡山方面に向かう。弁天島11時30分着。海岸で天泊場所を探す。観光地化されていて場所が無い。なんとか道路脇をみつける。人が通れば丸見えだが0時から5時ならば誰も通らないだろう。五時間の辛抱。6日6時の始発電車に乗り帰途につく。数回乗り継いで横浜11時着。おわり。

北海道大雪山縦走4日間

8月10日(土)青春18切符11800円。五時の始発に乗り大館市に向かう。20時に到着予定でキャンプするはずが大雨の為列車が遅れて秋田駅止まりとなり仕方なく駅通路ベンチにて朝をまつことに。                         11日。途中の駅で、乗り鉄の青年と親しくなり長万部まで同伴した。彼は札幌のカプセルホテル泊まりだそうだ。又、秋田駅手前からNPOの福祉団体精神障害者とルートが一緒だったが函館札幌ルートの列車は1両でこの団体と同席することとなった。ボランティア一人で2名の障害者を受け持っているようで20名を超える人数た。リーダーの話では毎年この時期に10日程キャンプ旅行するそうだ。今回は利尻島まで行くそうだ。ボランティアは大学生。リーダーは30台青年。東京の施設だそうだ。東京は予算が豊富だと感じた。長万部に3時到着し近くの海岸でキャンプ。10メートル以上の強風で設営に大変苦労した。塩ぽい霧も含まれていて又波の音も凄まじい。設営を終えて近くの銭湯へ行く。帰りにコンビニでビールと食料調達。

12日6時の列車に乗り旭川へ向かう。岩見沢からは電車で複線。旭川駅からバスで旭川温泉近くのキャンプ場15時着で明日からの登山に備える。

13日:6時半のロープウエイで姿見駅画へ。小雨と強風。30分も歩くと程なくズボンが濡れてきた。雨具の防水処理をしたのだが失敗のようだ。此のまま行くのは危険と判断したので近くの避難小屋まで引き返して様子見。10時頃雨も止み回復に向かっていたので改めて出発する。朝日岳を過ぎて裏朝日岳キャンプ場に着く頃にはすっかりよい天気となる。此処は朝日岳すぐ下のキャンプ場だ。

14 日晴天。天気も良く体調もよいので黒岳経由で白雲岳を目指すことにした。凡そ参考時間6時間半。5時30分出発14時白雲岳キャンプ場に到着。此処は丸い広場で普通の土。回りに野獣よけフェンスが張ってあるが凡そ守れそうに見えない。数日前までクマやキツネが出ていたそうだ。皆ビールなど持参している。ルート上でビールを売っているのは黒岳小屋だけである。大雪山系はなだらかな山様で大きな岩や木がなく危険な場所もない。それだけに雨風を避ける場所がなくそれが遭難しやすい理由だと思う。天気がよければまさに天空の散歩道のような気持ちよさだ。なんといってもシマリスの可愛らしさといったらない。シマリスの花摘がすぐ側で観ることが出来るのだ。気候は関東の秋のようで日差しはあまり強くない。これから夏は北海道に決まりだ。

15日。晴天。5時半中別岳に向かう。まさに空中散歩道のような穏やかな気候と風景。忠別岳は右に岩が突き出てそこから垂直に切れ落ちている。下を覗くと2~300mはあろうか。三兆一帯はお花畑になっている。2時に中別避難小屋に到着。立派な二階建て小屋で水流も豊富だ。夕方からガスが出てきた。台風が近づいているようだ。

16日。中別難小屋を5時30分出発。小雨ましまりのガス。雨具が当てにならないのでズボンは濡れるにまかせる。風が強いので休む訳にはいかない。兎も角次のキャンプ地になるたけ早く着くことが肝要だ。行動食のチョコレートやビスケットを水で流し込む。寒いのでゆっくり食べている暇はない。下着まですっかり濡れているので体が冷えてくる。途中トムラウシ山近くで路に迷う。一人の青年も迷ったらしく一緒に行動するが私は山には登らず巻道でキャンプ場所に向かう。トムラウシ南沼キャンプ場に着いたが吹きさらしの場所でテントを張ることが出来ない。新しく購入したばかりのテントなので、石で固定するゴム紐を付けていなかったのが失敗だった。石山なのでペグは使えない。指の感覚はなくなり体は冷えこのままではヤバイと思い設営を諦めて下ることにした。暫く下ると寒くはなくなったが問題はこの先の長いルートだ。下り参考時間5時間だが疲れもあるので6時間は掛ると思うが既に7時間近くも歩いているので無事たどり着けるかどうか心配だ。幸いまだ足のダメージはあまりないのでなんとか成りそうだ。既に13時半を過ぎているので到着は夜になるのは覚悟しなければならない。ここで慌ててはならない。怪我をしないことが大切と自身に言い聞かせる。休み休みでも無事到着が大切だ。太古から人は生死を掛けて冒険していまに至るから非常時には特別なDNAが働き始め普段の倍の能力が発揮される。火事場の馬鹿力もおなじだ。自分の体にそう言い聞かせながら歩みをすすめた。駐車場分岐まできた。駐車場まで1km。温泉まで4km。駐車場では水を確保出来そうにないので温泉まで行く事にした。あと2時間位掛かるだろう。水も殆んど残っていない。足はあまり痛くないが全身疲労で苦しい。休んでは進む。とうとう水も飲みほした。が、幸い最後の350ミリ缶酎ハイを残しておいたのでボトルに詰めなおして水のかわりとした。19時を回った頃、トムラウシ温泉の光が見えた。宿に着いてドット疲れがでて歩くのもままならなかった。全身ずぶ濡れリュック内も言うに及ばず辛うじて着替えだけは無事だ。  南大雪荘一軒宿。登山客用相部屋8700円。幸い私一人だけで大広間を独占だ。あまりの疲れで身体か熱でうなされたように安静に保てない。

露天風呂の前は渓流になっていて美しい。夜はまだ水量はさほど増えていない。朝見たら濁流となっていた。

17日。宿からバスで新得へ。飛行機は19日の夜中の1時なので1日以上暇がある。新得から追分へ向かう。この辺はローカル列車が殆んど無く有料列車を使わないと半日無駄にしてしまう。どうしようか迷っていたが駅前の地図に駅近くに鹿の公園内にキャンプ場があり早速向かう。山や池を利用した広い公園内の一角にキャンプサイトがあり500円だ。北海道キャンプ場は何処でも500円と格安。

18日。追分を9時出発。鵡川から静内行き代行バスにのる。富川で降りて上りバスを待つ。この先も列車は走っていない。ここは日高地方で雪はあまり降らないようだ。広大な畑が広がっておりたまに牧場で牛の放牧がされている。代行バスは割りと綺麗な中型観光バスで客は数人。帰りのバスを待っていると反対側バス停にバスが来た。おかしいと思って聞いてみるとこのバスだ。上りも下りも同じ側に止まるなんてどうしてだ。 下山して2日たつが足が未だ痛む。びっこひきひき歩く。私の北海道JRの好きなところはローカル列車の女声アナウンスだ。声は勿論よいが微妙なイントネーションで心のこもった話し方だ。北海道に来て此も楽しみの一つだ。皆さんも北海道ローカル線に乗ったら是非聞き比べてほしい。飛行機搭乗時間まではまだ大分ある。札幌駅のベンチで暇を潰すのも限度がある。今6時。もう少し粘って空港に向かうか。

今回は天国と地獄を味わってしまった。学ぶこともままあった。台風の影響で予定外の出資もあった。トムラウシの1日で大変な修行になった。

新千歳19日110分発。3時羽田空港に到着。(早得割7800円)耳が痛かった。さて朝までどうするか。ロビー内で滞留してもよいとのことでたすかった。ここで京急始発を待つことになった。外の暑さが信じられないほど蒸し暑く感じた。北海道は湿気も少なくて関東の秋のようだ。エアコンのある住宅は何処にもない。  完

春のスケッチ会←クリック

三月から7月にかけて10回ほどのスケッチ会を開きました。3月は桜、4月~6月は薔薇や紫陽花を絡めた風景。7月はハスと睡蓮でした。特に薬師公園はお勧めの場所です。教材にした一部の絵を掲載します。

山下公園の花壇港の見える丘公園イギリス館

伊勢、志摩2半島2019年の旅行 熊野古道

2019年正月の旅は熊野古道中辺路(なかへじ)を歩いた。那智大社→熊野大社→紀伊田辺市。最後の一部は足に豆が出来たのでバスにしたが5日間の歩行ですべてキャンプ。昔の人も同じ様に歩いていたと思うと感無量であった。殆どが杉の森林帯で坂には石段があり歩きやすくなっていた。熊野古道は全工程を歩くと一か月以上かかるようだ。

5月の連休は伊勢志摩巡り。これも5日間のキャンプ歩行。最もこの時期は予約なしでは泊まれないし、ローカルなルートを歩くのでホテルも少ない。もっぱら県道歩きだが道は狭く車はほとんど通らず毛虫だけが闊歩していて避けて歩かなければならない状態だ。海岸線は美しくカキ、海苔、真珠の養殖が盛んで漁村はのどかである。キャンプをする場所は色々で橋の下、田園地帯の真ん中、山道の平らな場所、海岸など人目のない所で暗くなる直前から日の出前。結構気を遣う。

世代代わりの幼い雀

2018年6月4日。昨年まで毎日来ていた下のボロアパートに住む二羽の雀は年明けには来なくなり2月に一度だけ一羽が来たのを最後に全く姿を見せなくなった。他の雀も殆んど姿を見ないのでどうしたものかと心配していた。4月に入り見慣れぬ雀が2~3羽見かけるようになったが以前の慣れていた雀は完全に姿を消したようだ。新参者の雀も下のボロアパートに巣を造り子育てを始めた。5月になり親子ずれの雀は外にある餌を食べるようになった。パン切れを投げるのを待ち構えるようにもなってきた。6月に入り、親雀はあまり姿をみせない。ところが5月下旬に小雀だけが餌を食べに来るようになり、又、私を怖がってもいない。部屋の中にまで餌を食べに入り込んで私が少々動いても逃げる気配がない。これは良い友達になれそうだ。ただ懸念はこんなにおっとりして警戒心がないと、天敵に襲われないかと心配だ。