事務局ブログ

事務局のプログです。

ブログ一覧

9月30日~10月2日八ヶ岳権現岳、赤岳登山に行ってきた。

八ヶ岳二泊3日のキャンプ登山に行ってきました。今回はどこまで軽量に出来るかのテストです。出発時リックの重さはストックも入れて1150g。今回初めて買った一人用テントを使いました。中で自炊するにはちっと不便はあるがなんとかなります。居住性を重視するならツエルトより遥かに良い。重さはアンダーシートも総て含めて1500g程度です。青年小屋キャンプ場2500mの気温は夜間5℃前後ですが晴天だと放射冷熱で霜がおりフライシートは凍結します。今回は軍隊でも使用?緊急時寝袋の薄く軽いソルの中にエアーマットを引き、低山向き春~秋用の寝袋で寝ました。防寒服を着込んで寝ればOK。2日目キレット小屋キャンプ場。夜10時から風が強くなり温度もあがり16℃。朝4時曇り。暗いうちに出発し清里駅13時着。今回の装備品はコッヘルは昔ながらのアルマイト製中小二個。バーナーは世界最小60g、アルファ米、乾燥ポテトサラダ、ラーメン等々。それからビール350ミリリットル3缶も持参。これは飲み水がなくなったときの緊急時代用品になります。飲み水が無くなり喉が乾くと食べ物も食べられなくなります。そうなると渇きとエネルギー不足で命に関わります。多少のアルコールならばかえって力が出るので酒好きの人にはお勧めです。今回は天気は良くてラッキーでしたが下山時は小雨になりました。

7月1,2日の八ヶ岳登山

松原湖より本沢温泉でキャンプ。小雨だが温度は20℃くらいか暖かく感じた。翌日4時半から硫黄岳に向かう。頂上付近は大変な風で吹き飛ばされそだ。それよりも体温がどんどん奪われて寒くなる。このままでは危険なので岩陰に隠れて急ぎダウンを着こむことにした。雨具の下は4枚の重ね着になった。装備が十分でない人はこういう時に動けなくなり遭難するのだろうと思った。この先赤岳への縦走予定だったが岩場の雨と風では危険なので美濃戸口に下山することにした。

6の赤レンガ倉庫。洋風花壇が素晴らしかった。

春の雀

3月になりスズメも子育ての時期に入った。うちに来る雄の雀だが最近嫁を連れてくるようになった。だが雄は部屋の中で餌を食べていても、嫁は部屋の中には入らず入口で中を覗くだけである。従って毎年相手を変えているようだ。もうしばらくすると子供を連れてくるようになるだろう。今月の教室はさくらをテーマに講習します。 さくら 三渓園山手エリスマン邸

北海道9日間ローカル列車の旅

横浜駅を6時出発14:30山寺着。3時間ほど散策し、18:15→新庄、酒田、下浜駅に11時に着き駅で夜を明かす。翌日秋田駅から五能線のリゾート白神号で弘前へ。弘前公園など散策後青森へ。夜間のフェリー→で函館港着02:00.徒歩で夜中の函館市散策し、函館駅始発で大沼公園へ。散策後小樽へ向かう。小樽のホテルでは風邪が悪化したので夕飯も食べずに就寝。朝食後小樽散策し札幌に向かう。札幌散策後旭川市でホテル泊。朝からバスで旭岳ロープウェーへ。旭岳のパウダースノーは美しかった。午後旭川駅から網走に向かいホテル泊。網走は散策せず朝から釧路へ向かう。車窓の景色が素晴らしい。翌日釧路湿原へバス移動。本数が少ないので釧路駅に戻るのに夕方になってしまった。釧路から帯広に移動してホテル泊。翌日洞爺へ向かい洞爺駅に17時ころ着く。洞爺湖畔のホテルに泊まり翌朝から徒歩で洞爺湖と昭和新山、有珠山を散策する。洞爺駅を夕方出発し、五稜郭駅から徒歩で函館港へ行きフェリー→で青森へ。青森港3時着。待合室で2時間過ごしたのち青森駅に行き始発で横浜に向かう。11回の乗り換えのすえ250px-Shimohama_sta[1] IMG_0328 IMG_0392 IMG_0478 IMG_0506 IMG_0596 IMG_0552 1483484366260

Jpeg

Jpeg

Jpeg

Jpeg

横浜駅着は23:58分であった。

2017年1月11日からの横浜高島屋、現代の職人たち展に初参加。

日本各地の優れた職人を集めて完成度の高い作品を展示販売する企画に、今回初めて絵画(油彩画)としての参加を依頼されました。おもに横浜風景画10数点を展示販売いたします。

2017年1月11日(水)より16日(月)まで横浜高島屋8階催会場。