事務局ブログ

事務局のプログです。

ブログ一覧

北海道大雪山縦走4日間

8月10日(土)青春18切符11800円。五時の始発に乗り大館市に向かう。20時に到着予定でキャンプするはずが大雨の為列車が遅れて秋田駅止まりとなり仕方なく駅通路ベンチにて朝をまつことに。                         11日。途中の駅で、乗り鉄の青年と親しくなり長万部まで同伴した。彼は札幌のカプセルホテル泊まりだそうだ。又、秋田駅手前からNPOの福祉団体精神障害者とルートが一緒だったが函館札幌ルートの列車は1両でこの団体と同席することとなった。ボランティア一人で2名の障害者を受け持っているようで20名を超える人数た。リーダーの話では毎年この時期に10日程キャンプ旅行するそうだ。今回は利尻島まで行くそうだ。ボランティアは大学生。リーダーは30台青年。東京の施設だそうだ。東京は予算が豊富だと感じた。長万部に3時到着し近くの海岸でキャンプ。10メートル以上の強風で設営に大変苦労した。塩ぽい霧も含まれていて又波の音も凄まじい。設営を終えて近くの銭湯へ行く。帰りにコンビニでビールと食料調達。

12日6時の列車に乗り旭川へ向かう。岩見沢からは電車で複線。旭川駅からバスで旭川温泉近くのキャンプ場15時着で明日からの登山に備える。

13日:6時半のロープウエイで姿見駅画へ。小雨と強風。30分も歩くと程なくズボンが濡れてきた。雨具の防水処理をしたのだが失敗のようだ。此のまま行くのは危険と判断したので近くの避難小屋まで引き返して様子見。10時頃雨も止み回復に向かっていたので改めて出発する。朝日岳を過ぎて裏朝日岳キャンプ場に着く頃にはすっかりよい天気となる。此処は朝日岳すぐ下のキャンプ場だ。

14 日晴天。天気も良く体調もよいので黒岳経由で白雲岳を目指すことにした。凡そ参考時間6時間半。5時30分出発14時白雲岳キャンプ場に到着。此処は丸い広場で普通の土。回りに野獣よけフェンスが張ってあるが凡そ守れそうに見えない。数日前までクマやキツネが出ていたそうだ。皆ビールなど持参している。ルート上でビールを売っているのは黒岳小屋だけである。大雪山系はなだらかな山様で大きな岩や木がなく危険な場所もない。それだけに雨風を避ける場所がなくそれが遭難しやすい理由だと思う。天気がよければまさに天空の散歩道のような気持ちよさだ。なんといってもシマリスの可愛らしさといったらない。シマリスの花摘がすぐ側で観ることが出来るのだ。気候は関東の秋のようで日差しはあまり強くない。これから夏は北海道に決まりだ。

15日。晴天。5時半中別岳に向かう。まさに空中散歩道のような穏やかな気候と風景。忠別岳は右に岩が突き出てそこから垂直に切れ落ちている。下を覗くと2~300mはあろうか。三兆一帯はお花畑になっている。2時に中別避難小屋に到着。立派な二階建て小屋で水流も豊富だ。夕方からガスが出てきた。台風が近づいているようだ。

16日。中別難小屋を5時30分出発。小雨ましまりのガス。雨具が当てにならないのでズボンは濡れるにまかせる。風が強いので休む訳にはいかない。兎も角次のキャンプ地になるたけ早く着くことが肝要だ。行動食のチョコレートやビスケットを水で流し込む。寒いのでゆっくり食べている暇はない。下着まですっかり濡れているので体が冷えてくる。途中トムラウシ山近くで路に迷う。一人の青年も迷ったらしく一緒に行動するが私は山には登らず巻道でキャンプ場所に向かう。トムラウシ南沼キャンプ場に着いたが吹きさらしの場所でテントを張ることが出来ない。新しく購入したばかりのテントなので、石で固定するゴム紐を付けていなかったのが失敗だった。石山なのでペグは使えない。指の感覚はなくなり体は冷えこのままではヤバイと思い設営を諦めて下ることにした。暫く下ると寒くはなくなったが問題はこの先の長いルートだ。下り参考時間5時間だが疲れもあるので6時間は掛ると思うが既に7時間近くも歩いているので無事たどり着けるかどうか心配だ。幸いまだ足のダメージはあまりないのでなんとか成りそうだ。既に13時半を過ぎているので到着は夜になるのは覚悟しなければならない。ここで慌ててはならない。怪我をしないことが大切と自身に言い聞かせる。休み休みでも無事到着が大切だ。太古から人は生死を掛けて冒険していまに至るから非常時には特別なDNAが働き始め普段の倍の能力が発揮される。火事場の馬鹿力もおなじだ。自分の体にそう言い聞かせながら歩みをすすめた。駐車場分岐まできた。駐車場まで1km。温泉まで4km。駐車場では水を確保出来そうにないので温泉まで行く事にした。あと2時間位掛かるだろう。水も殆んど残っていない。足はあまり痛くないが全身疲労で苦しい。休んでは進む。とうとう水も飲みほした。が、幸い最後の350ミリ缶酎ハイを残しておいたのでボトルに詰めなおして水のかわりとした。19時を回った頃、トムラウシ温泉の光が見えた。宿に着いてドット疲れがでて歩くのもままならなかった。全身ずぶ濡れリュック内も言うに及ばず辛うじて着替えだけは無事だ。  南大雪荘一軒宿。登山客用相部屋8700円。幸い私一人だけで大広間を独占だ。あまりの疲れで身体か熱でうなされたように安静に保てない。

露天風呂の前は渓流になっていて美しい。夜はまだ水量はさほど増えていない。朝見たら濁流となっていた。

17日。宿からバスで新得へ。飛行機は19日の夜中の1時なので1日以上暇がある。新得から追分へ向かう。この辺はローカル列車が殆んど無く有料列車を使わないと半日無駄にしてしまう。どうしようか迷っていたが駅前の地図に駅近くに鹿の公園内にキャンプ場があり早速向かう。山や池を利用した広い公園内の一角にキャンプサイトがあり500円だ。北海道キャンプ場は何処でも500円と格安。

18日。追分を9時出発。鵡川から静内行き代行バスにのる。富川で降りて上りバスを待つ。この先も列車は走っていない。ここは日高地方で雪はあまり降らないようだ。広大な畑が広がっておりたまに牧場で牛の放牧がされている。代行バスは割りと綺麗な中型観光バスで客は数人。帰りのバスを待っていると反対側バス停にバスが来た。おかしいと思って聞いてみるとこのバスだ。上りも下りも同じ側に止まるなんてどうしてだ。 下山して2日たつが足が未だ痛む。びっこひきひき歩く。私の北海道JRの好きなところはローカル列車の女声アナウンスだ。声は勿論よいが微妙なイントネーションで心のこもった話し方だ。北海道に来て此も楽しみの一つだ。皆さんも北海道ローカル線に乗ったら是非聞き比べてほしい。飛行機搭乗時間まではまだ大分ある。札幌駅のベンチで暇を潰すのも限度がある。今6時。もう少し粘って空港に向かうか。

今回は天国と地獄を味わってしまった。学ぶこともままあった。台風の影響で予定外の出資もあった。トムラウシの1日で大変な修行になった。

新千歳19日110分発。3時羽田空港に到着。(早得割7800円)耳が痛かった。さて朝までどうするか。ロビー内で滞留してもよいとのことでたすかった。ここで京急始発を待つことになった。外の暑さが信じられないほど蒸し暑く感じた。北海道は湿気も少なくて関東の秋のようだ。エアコンのある住宅は何処にもない。  完

春のスケッチ会←クリック

三月から7月にかけて10回ほどのスケッチ会を開きました。3月は桜、4月~6月は薔薇や紫陽花を絡めた風景。7月はハスと睡蓮でした。特に薬師公園はお勧めの場所です。教材にした一部の絵を掲載します。

山下公園の花壇港の見える丘公園イギリス館

伊勢、志摩2半島2019年の旅行 熊野古道

2019年正月の旅は熊野古道中辺路(なかへじ)を歩いた。那智大社→熊野大社→紀伊田辺市。最後の一部は足に豆が出来たのでバスにしたが5日間の歩行ですべてキャンプ。昔の人も同じ様に歩いていたと思うと感無量であった。殆どが杉の森林帯で坂には石段があり歩きやすくなっていた。熊野古道は全工程を歩くと一か月以上かかるようだ。

5月の連休は伊勢志摩巡り。これも5日間のキャンプ歩行。最もこの時期は予約なしでは泊まれないし、ローカルなルートを歩くのでホテルも少ない。もっぱら県道歩きだが道は狭く車はほとんど通らず毛虫だけが闊歩していて避けて歩かなければならない状態だ。海岸線は美しくカキ、海苔、真珠の養殖が盛んで漁村はのどかである。キャンプをする場所は色々で橋の下、田園地帯の真ん中、山道の平らな場所、海岸など人目のない所で暗くなる直前から日の出前。結構気を遣う。

世代代わりの幼い雀

2018年6月4日。昨年まで毎日来ていた下のボロアパートに住む二羽の雀は年明けには来なくなり2月に一度だけ一羽が来たのを最後に全く姿を見せなくなった。他の雀も殆んど姿を見ないのでどうしたものかと心配していた。4月に入り見慣れぬ雀が2~3羽見かけるようになったが以前の慣れていた雀は完全に姿を消したようだ。新参者の雀も下のボロアパートに巣を造り子育てを始めた。5月になり親子ずれの雀は外にある餌を食べるようになった。パン切れを投げるのを待ち構えるようにもなってきた。6月に入り、親雀はあまり姿をみせない。ところが5月下旬に小雀だけが餌を食べに来るようになり、又、私を怖がってもいない。部屋の中にまで餌を食べに入り込んで私が少々動いても逃げる気配がない。これは良い友達になれそうだ。ただ懸念はこんなにおっとりして警戒心がないと、天敵に襲われないかと心配だ。

九州地方の登山旅行

2017年12月29日:

横浜駅を6:10の東海道線に乗って今は豊橋手前だ。朝から数回乗り換えているが乗り換え時間がすくないので食事もできないしラッシュなみに混んでいる。豊橋では座ることが出来た。今のところ半々で座れている。座れない場合は右ドアを確保。乗り換え駅は大概右ドア側対面に乗り換え車両があるので次の乗り換えでは座れる可能性が大になる。次大垣まで88分だ。

大垣からは座れなかったので先頭運転士すぐ後ろに陣どった。女性車掌だとおもったら運転士だった。なんかかっこいい。米原までは割りと雪があった。今京都に向かっている。ここいら辺りの路線区は女性の運転手が多かった。車内は混んではいない。京都から福知山線に乗っていると隣に同世代の登山服の人が座った。山の話をしたりしたが地元の人でこれから自宅に帰るとのことだった。

鳥取県の大山口手前の名和駅に着いたのは23:30くらい。無人駅なのでここで野宿しようと思ったが監視カメラがあったので駅隣接の公園の休憩所(屋根あり)でテント用アンダーシーツを引き、シュラフカバーの中にエアーマットを引きその中にシュラフを入れる。上着はアンダーシャツ、ライトダウン、防寒服の3枚。足はヒートテックとズボンの上にに防寒ズボン、靴下、手袋を被せる。もしも屋根の無い場合はポンチョをすっぽりと被せる。

30日

朝は3℃。6時始発で出発し大山(だいせん)駅に降りて夜明けを待つ。大山方面は曇って見えない。地元の人に聞くとスキー場でも50㎝の積雪があるというので登山は諦めた。松江市で松江城を散策し一畑電鉄の駅についたのだが一時間に一本であと50分。足湯が駅にあったので暫く浸かる。これから出雲大社へ向かう。出雲に着くと出雲大社すぐ脇に面白い山がそびえている。地図で調べてみると道があるようだ。出雲大社散策を済ませてから登山口をさがして登ってみた。2時間近くかかった。特に高い山ではないが見晴らしが良く素晴らしいの一言。 ただ安い靴を履いていったので歩き難い。特に急な下りは辛い。下ってから1時間ほどで駅に着くとすぐに列車が来た。危ないところだった。逃せば2時間待ちになるところだ。低い山でもちゃんとした登山靴が必要だ。                    出雲に泊まろうか迷ったが明日の予定を考えると少しでも先に進まないといけない。まるでカイジの双六やっているみたいだ。

カイジはオーバーだったが今回の18切符は五枚しか持っていないので有効に使わないといけない。明日は吉野ヶ里遺跡に寄って長崎にたどり着きたい。そこで浜田まで進むことにした。

今、浜田に向かう電車の中だがいままで出発時のパンや携帯食ばかりだったので出雲駅で買ったコンビニのカツ丼がこんなにも美味しいとは。幸せ。浜田に着くのは8時過ぎだ。大晦日はどこも混んでいてホテルは泊まれないし到着が夜中なのでそのまま朝を迎える算段だ。可能かは浜田のホテルでゆっくり調べてるつもりだ。

31日

朝5時26分の始発にのり10時30分小倉を過ぎたところ。途中乗り換えを間違えて30分ロス。少ないロスですんだのは幸いだった。途中の山口県の車窓風景は素晴らしい。小高い山の連なる処に民家が点在し、田や畑、小川もある。何枚でも絵に出来る。写真がピンぼけなのが残念だ

吉野ヶ里駅に降りて駅員に聞くとなんと営業していないとの事。外から見えないか聞いたらやはり見えないとのことなので駅近くの回転寿司で遅い昼食を済ませ、駅から見える風景をスケッチをして時間潰しをした。一時間半のロス。それでも長崎には夕方着く。夜が長そうだ。途中で多良という駅に降りて散策し多良岳の写真を撮ったり海岸線を散策する。海岸はすべて貝の殻で埋めつくされている。特に牡蠣の殻が多い。

長崎に着いたのが8時前。時間潰しに映画スタヲォーズを観てから稻佐山に登りはじめる。公園と言う名にだまされた。かなりの高さだ。遠くで鐘の音が聞こえる。果てしなく続く歩道と階段。皆は暖かい部屋で美味しいものでも食べているのだろうか。

二時間ほど掛かった。夜景が素晴らしい。車で来た若者達が騒いでいる。0時を迎える。明けましておめでとう。何処か寝れる処はないかな。少し戻ってみると休憩所があったのでここで寝支度し床につく。1日2時。

2018年1月1日

寝ていると6時ころから登る人が多くなってきた。青年3人が休憩所に来たので私も起きることにした。6時半近く展望台には200人くらいが初日の出を待っている。薄曇りでどうか?気温は六度。風若干強し。防寒は完璧だ。360度視界良好。少し明るくなってきたが雲が邪魔している。続々と人が増えて500~1000人くらいか。

今日はオランダ坂、グラバー庭園を散策。朝、稻佐山から大きな客船が入るのがみえたがグラバー庭園の前に停泊している。グラバー庭園からみると眼前に大きく視界を遮る感じだ。長崎港がちいさいのがよく解る。グラバー園でスケッチしていたら管理人が来て絵具は使ってはならないと注意された。諫早市に16時に着き駅前ホテルへ。疲れていたので9時ころ寝てしまった。7時20分のバスで雲仙に向かう。

雲仙の白雲湖に寄ってそこから絹笠山という小山に登った。所要時間は2時間ほど。雲仙全体と諫早湾も見渡せた。雲仙温泉地獄も見応えがあった。ここのバスは山道をえらく飛ばす。   島原港から熊本行きフェリーに乗船。熊本に着いたが特に観に行く処もないので思案したあげく肥薩オレンジ鉄道吉松駅までいき運動公園に向う。22時。

2日

朝方は2度と冷え込んだ。始発で鹿児島市へ。指宿枕崎指線で指宿方面に向かっているが良い景色が期待出来そうだ。指宿を過ぎ山川駅で乗り継ぎだが2時間ほど時間があるので近くで海のスケッチをした。13時開聞駅につく。開聞岳登山開始。富士山のように歴の道を想像していたが、よくある普通のおおきな石のある登山道であった。

5時に開聞駅で列車待ち。7時20分まで鹿児島市域は無し。駅付近は全く店が見当たらない。駅は屋根も無いちっぽけなホームが在るだけだ。登山駅にしては珍しい。バス停みたいなベンチに座り星を眺める。そのくらい周りは暗い。鹿児島市でホテル泊。

3日

ホテルの朝食は諦めて始発で霧島神宮駅へ。バスで岩崎ホテル→えびの高原へ。兎も角アクセスが悪くて1日ガカリだ。韓国岳に登山する時間は無いかも。下見だな。何故かバスが渋滞にはまっているがここでは不思議に思える。なるほど霧島神宮の交差点のためだ。えびの高原着13時。御池巡りをして15時。16時のバスに乗り、霧島神宮駅18時。大分まで行きたかったが今日は延岡止まりだ。明日は18切符は使わず由布院まで行くつもりだ。いままで一度も雨がなかったが明日昼頃由布院は雪になるかも。楽しみだ。明日は始発なので今夜は野宿になりそうだ。延岡で公園に向かう。ところがそこは霊山になっていてお寺や神社とお墓ばかりだ。九州巡礼の地だそうだ。とても墓所では煮られないので近くのホテルに泊まることにした。

4日

此処でも朝食をあきらめて18切符を使って5:55分の始発に乗る。九州の日の出は遅い。7時なのに未だ暗い。8時でだいぶ明るくなった。雨。海とガスった入江がみえる。12時ころ由布院へ到着。薄っすら雪が積もっている。由布院に到着してすぐに案内所に登山バスを聞くといま出たばかりだった。列車が少し遅れたのがいけない。つぎは一時間後。仕方なく付近を散策しながら写真を撮る。午前中に新雪があってより風景が美しい。次のバスで登山開始が13時。しかしながら帰りの最終バスは16時30分だ。参考登山時間も往復3時間30分。間にあうかわ分からないが兎も角急ぐ。頂上近くで3時だ。下りを全力でしなければと思って登っていたら、二人の若者が休んでいたので話しをすると登りだと言う。バス時間の話をすると車で送ってくれると言ってくれた。これでゆっくりと楽しい登山が出来る。ほっとした。二人は登山は初めてというので同伴することになった。最後のビークは鎖場で雪も積もっている。滑ると危険なので注意をうながす。二人は大分の人で今度は富士山に登りたいと言っていた。

由布院駅に送ってもらい直ぐに時間を確かめる。15分しかないので取りあえずロッカーの物をリュックにぶちこんでホームに向かう。荷物整理の時間は無い。今日の乗り継ぎ時間はタイトなので買い物時間も無い。取りあえず小倉行き列車のなかで朝コンビニで仕入れたカンビールとスナック菓子で空腹を満たす。お陰で少しいい気分だ。

5日

昨夜は新山口に00時3分に着。公園を探したがよい所が無い。仕方なくマンションに囲まれた公園で朝を待っ。今回は屋根は無い。朝方温度3℃。靄っていてかなり露に濡れて寒かった。今日も多くの乗り継ぎがあるので気をつけないといけない。一度間違えば今日中に帰れなくなる。昨日も居眠りをして危うく車掌さんに起こされた。でなければ逆方向に引き返す処だった。

岡山通過。尾道は良さそうなので何れスケッチに良いかと思う。想えば九州何処の観光地も韓国人と中国人ばかりだった。団体で来ている。比率は韓国人40中国20人日本人20その他20%くらいか。瀬戸内は開けているので関東とあまり変わらない。気がついたのは車両によって暖房の効きが違う事がある。後ろのほうが暖房が強くなるようだ。乗り継ぎ時間が2〜3分の場合は始発でないので座れない場合があること。

今米原に向かっている。メザシをツマミにチューハイを飲んでいる。このメザシは雲仙の土産やで買ったものだ。鈴木さんがいつも小メザシを持ってくるのを思い出したので買ったものだ。此は登山にいいね。軽くて食べごたえがあり栄養文句無し。安いしツマミにもってこいだ。

熱海でまた寝過ごしていたら車掌さんにまた助けられた。これで23:48分横浜駅に着くことが出来た。感謝感謝。