奥多摩から奥秩父縦走

4月29日晴れ。 10に奥多摩の日原を出発し鷹巣山を越えて七つ石避難小屋に着いたのが16時であった。約1.5倍の時間がかかった。ともかく登りは苦しいの一言。30日晴れ。参考時間7時間のコースだ。前日の調子から考え途中ビバークも覚悟のうえで朝7時出発。雲取山付近で鹿を見た。人を怖がらぬようで2~3メートルまで近づいてきた。三度遭遇し、一度は曲がり道で鉢合わせしてしまった。この辺はこげらだと思うが木を連打する音が聞こえ、突いている姿も見ることができた。

飛龍山あたりで16時になってしまった。もはや明るいうちには着けないか。緊急野宿も考えていたら分岐で出会った人が6時半まで明るいからと言ってくれたのであとを勝手に付いていくことにしたら途中まではかなりスピードアップになったがやはり登りや岩場では時間がかかり遅れをとってしまった。11間かかって18時将監峠に到着した。暗くなる寸前だ。多分フルマラソン走ると同じくらい苦しかったと想う。疲労困憊。

五月1日。晴れ、6時出発。笠取山はスルーし雁峠を経由で雁坂小屋に14時30分着。やはり今日も登りは苦しかった。参考時間6時間が8時間30分もかかった。テント場所は景色がよい。日本三大峠だそうだ。5月2日。晴れ。7時出発。試しに途中からストックを使うとすこぶる良かった。登り下りどちらもかなり楽になり此ならこの先もいけそうだ。14時30分甲武信岳小屋到着。水は50円。ビール550円カップラーメン400円にはびっくりだ。久しぶりに下着を替えた。

5月3日晴れ6時30分出発。甲武信岳から国師が岳に向かう。11時風が段々強くなっている。甲武信岳に近づくに連れて雪が多くなる。風も強くなり体調は良いが時間はかかっている。大弛み峠着16時。9時間以上かかった。風が更に強く飛ばされそうだ。今夜は大荒れとのこと。テント泊の人は少ない。風は台風なみだがまだ雨は降ってないのが幸いだ。風を避けられる良い場所を見つけて張るが水は心配だ。3時ころかなり降って浸水に気がつかず一部水没。5月4日。風は強いが朝に雨はやみ9時に出発。すぐに腫れ上がりすこぶる空気が澄んで遠くの富士山やアルプスがくっきりと見える。だが残雪も多くあり中々進まない。目的地まで届かす手前の大日避難小屋に泊まることにする。まだ16時だったが疲労困憊で無理しないことにした。後から30代男子一人外にテント泊した。私とは逆のコースで此から曇取山方面に縦走するとのことだ。この方が高い所から低いところに行くので楽なようだ。5日の朝は揃って5時に出発。みすがき山荘に6時30分に着いたが9時10分始発なので増冨温泉まで歩くことにした。瑞牆山荘までバスがあるなら瑞牆山も行けたなと残念だった。ともかく登りが苦しいの一言、登りは倍以上の時間がかかっている。これからはどうしたらいいのか。ただストックの使い方は上手くなったので、足腰の負担は軽減できるようになった。今回も天気に恵まれて晴天続きだった。