12月25日 デッサンの学習(3) 円柱

題材
今回の題材は正六面体と円柱。
パースを描くことと明暗をデッサンすること。
b
b

b
b
b
b
b
b
b
b

IMG_1037

正六面体は前回学習したので、円柱を描いてみる。
・台形に接するように上面の楕円を描く
・下面の楕円は上面より開きが大きくなる
b
b
b
b
b
b
b
b
b

IMG_1035b
背景を含め明暗をデッサンする。
ポイントは、
・輪郭線を濃く描かない。
・対象物の明暗をよく観察する。
・対象物を際立たせるように背景に明暗をつける。
のようだ。
右図は先生の作品(写真がゆがんでいます)。

デッサンの学習(2)正六面体(つづき)

IMG_1023今回の題材は前回につづき正六面体(いわゆるサイコロ形状)を描くこと。ただし、上面に同心円状の模様が描かれている。実物を見るとドーナツ状に見える。静物画でお皿を描くときに必要な技法とのことだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1029この写真通りに描くには三点透視図法で描く必要がありそうだが、 難しそうなので先ずは一点透視で描いてみることにする。
①水平線を描く。
②a,bの長さ(比率)を計測する。
③奥行きの角度αを測る。
これだけ分かると一点透視図が描ける。 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1030つぎに上面の円を描く
① 対角線を結び中心点を決める。
②中心点を通る平行線を描くと、接点a,bが決まる。
③中心点と消失点結ぶ線を引くと接点c,dが決まる。
④各接点を結ぶ楕円を描く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1031同様に二点透視で描いてみる。
a,b,cの長さの比率と角度α、βを計測すれば正六面体が描ける(少し高すぎる気もするが)。
一点透視と同様な手順で上面の楕円が描ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IMG_1025先生の描かれた透視図です(写真がぼけていますね)。

以下のURLに透視図法についての興味深い解説が書かれているのを見つけました。参考まで。
http://oekakinado.web.fc2.com/index.html

デッサンの授業が始まりました

今日からデッサンの授業が始まりました。

20131211-205515.jpg

モチーフは立方体です。

20131211-203230.jpg

まず先生から透視図法の説明がありました。

20131211-203625.jpg

最初に線図を描く学習。

20131211-203950.jpg

続いて陰影を書き込む学習をしました。

20131211-205050.jpg

(今日はスマホから書き込んでいます)

秋の写生会が開かれました

秋の写生会が12月4日(水)に横浜市金沢区の称名寺で開催されました。
朝10時に現地に集合。参加者は永田台教室6名、大岡教室2名の計8名でした。

先ずは園内を一周、写生スポットを探す。
IMGP0398

IMGP0405

IMGP0400

IMGP0413

当日は時たまうす雲がかかったものの日差しに恵まれ、陽だまりでの写生、昼食を楽しみました。
IMGP0417

IMGP0415

13:30に写生終了。
佐久間先生の素晴らしい作品です。
IMGP0418
ありがとうございました。