9月10日 ペン画

今日の題材の山手教会の写真です。
作品として描くためには、構図をよく検討して描くことが肝要とのこと。
9-10-1s

今日は鉛筆ではなく、サインペンで描く(下書きは鉛筆)。
下の写真は先生の構図。
9-10-3s

下の写真は生徒の作品。
9-10-2s

夏の上高地。田代池

CIMG2900

数年前に上高地でキャンプし、近くの山々に登山したりスケッチをしたりして過ごしました。その時の田代池です。風景画では水がある場面が頻繁に出て来ますので、避けては通れません。水面はあくまで水平で、少しでも曲がった線を入れると水面が平に見えません。そこに垂直な背景が映り込み水面となります。水は固いものと違い、光や風に影響を受けて常に変化するので、よく観察することが大切です。

スズメのやつめ新しい妻をめとったか?

昨年夏までは二羽で餌を食べに来ていたがそれ以来は一羽だけになっていた。最近になって明らかに若いスズメが一緒に来るようになった。だがそのスズメは部屋の中には入ってこられず窓際でもう一羽が餌を食べているのを口惜しいそうに伺っているだけだ。その仕草たるやもじもじしているようで私と目を合わすのを避けているようにもみえる。いずれは入ってこよう。また近いうちに雛も見ることができそうだ。

大雪の日すずめはどうしているのだろう

今日は横浜にも数十年ぶりの大雪が降っているがスズメのやつは餌を食べにくるのだろうか?。10時になっても野鳥の気配はしないし、暴風雨の時は変わりなく来たが雪が積もってとまれる場所も見当たらないしかなり吹雪いているので今日はお休みだと思い窓は閉めている。午後に帰宅して休んでいると外でスズメの気配がするので覗いてみると二羽が窓辺に来ているではないか。こんな大雪にと驚きながら窓を3センチほど開けてやると早速いつもの1羽が入ってきて餌を食べはじめた。かなり腹いっぱい食べて出ていったが10分もしないうちにまた食べに来た。多分もう1羽に口移しで与えたのであろう。どうみても今日は餌が簡単に得られそうもないだろうから。

今日は雪が降ったので早速称名寺へ取材に出かけた。ついでに六角堂まで登り、雪の山道を楽しんだ。雪がかぶった椿の赤がより鮮やかであった。